サックスの種類

サックスの種類

こんにちは。サックスの飯田有梨です。

前回サックスの魅力についてお伝えさせて頂きましたが、今回はたくさんある種類をご紹介したいと思います。

サックスは高い音から低い音まで、約9種類もあります。

管の長さが長くなればなるほど、低い音が出ます。

その中でよく使われているのが、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4本です。

合唱のパートをイメージしてみるとわかりやすいですね。

ソプラニーノからコントラバスまで使ったサクソフォーンオーケストラはとても迫力があります。

それぞれの楽器ごと音色に魅力があり、テナーサックスは歌謡曲にも合います。

サックスレッスン

ソプラノサックスをやってます

先生と自分の楽器の形が違うのが不思議だった

高い音は音が大きくてびっくりした

出せる音が増えてきて楽しい

かっこいいサックスを始めたい方、すでに吹かれててコツを知りたい、スキルアップをしたい方、一緒にサックスを学んでみませんか?

金曜日、土曜日にレッスンを行なっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です