望月音楽教室が大切にしていること

http://mochizuki-piano.com/wp-content/themes/yosemite-lite/images/adout/

 望月音楽教室が大切にしていること

すべては「心を動かす、光の音」のためにすべては「心を動かす、光の音」のために

豊かなイメージを広げていこう豊かなイメージを広げていこう

ひとつの曲をどう分析し、どう奏でよう。
曲の題名からテーマ、物語、主人公、その風景、そして、作曲家の心を思い、イメージや想像を膨らませていきましょう。

想像力を養うことは、表現力を高めます。

そうすると、いつか聴く人の心を震わせる「光の音」が響き出します。

コンサート写真1


心が動く、涙が自然とあふれる演奏心が動く、涙が自然とあふれる演奏

いい演奏は心が動きます。そして自然と涙があふれ出します。そんな時私の心は満ちたりて感謝の言葉が自然に出てきます。

「ここまで一緒にやってきてくれて本当にありがとう」

そんな子どもたちの演奏を聴きたくて毎日子どもたちと頑張っています。


光の音を探し求めて光の音を探し求めて

私はピアノの音に光を感じ始めています。ピアノの音が光に変わった瞬間(とき)、私の心は幸せに満ちたりて、自然と涙が溢れてきます。光の音を見つけることが出来た瞬間(とき)から私のピアノが変わりました。子ども達のピアノが変わりました。

光の音には不思議なパワーがあり「よし、光の音を出すぞ」とか、「光の音を出したい」といった前向きに努力する気持ちが子どもたちから自然に生まれ、毎日集中して練習が出来るようになりました。どうしたら光の音を見つけられるのか、光の音は私達に何をプレゼントしてくれるのか、光の音を聴いた人達はどんなことを感じるのか、子ども達と一緒に考え子ども達と一緒に練習します。その音を見つけられるまで根気強く、決して諦めずに……

光の音を見つけ出すことが出来た子ども達は、光の天使となってその音を届け、聴く人の心を満ちたりたものにしてくれるでしょう。
光の音の存在を知った私の所には光の音がそっとやってきて私の耳元で優しくささやきます。その音でもっと皆を幸せにしなさいと……

コンサート写真2


在学生からのメッセージ

  • 発表会・イベント

お問い合わせ・体験レッスンの申込み